プロペシアと同じくAGAと呼ばれる男性型脱毛症に効果があるとされているフィンペシアですが、どういった点が異なるのでしょうか?

まず、双方を開発した製薬会社が異なります。

tj4tuj4tujt.png

プロペシアは、アメリカにあるメルク社が開発、フィンペシアはインドにあるシプラ社が製造及び販売をしています。

つまり、プロペシアが先発品、フィンペシアは後発品ということになります。


次に、プロペシアは日本国内では厚労省が認可している医薬品なのですが、フィンペシアは認可していません。

ですから、プロペシアは医師の診断から処方してもらえることは可能ですが、フィンペシアを日本国内で手に入れようとすれば個人輸入に頼らなければいけません。


成分についてですが、主成分は双方ともフィナステリドです。

ただ、同じ錠剤タイプながら外見は異なります。

プロペシアよりフィンペシアの方が、だいたい一回りは小さいのです。

このことから、プロペシアよりフィンペシアの効果は少ないと思いこんでいる人もいるそうです。
大きさは異なりますが、主成分の含有量は同じです。


肝心のAGAに対する効能ですが、成分が同じですから、違いは無いと思っていいでしょう。

プロペシアも元々、効果に個人差がありますから、どちらが優れているか断言はできません。

ただ、医師が処方するプロペシアは副作用が発現した際に治療の一環として診察してもらえる点は異なります。


最後に、決定的な違いですが、それは価格です。

他の医薬品と同じく、ジェネリック医薬品は先発品よりも安価です。

フィンペシアの場合、プロペシアよりも半額以下という安さで購入が可能です。

多くの男性が髪の毛に対して悩みを持っているといえるでしょう。

今現在薄毛で悩んでいる人ももちろんですが、将来的に不安を感じているという人も含めれば、かなりの男性が髪の毛に対しての悩みを持っているわけです。

発毛を促すタイプ

だからこそいろいろな育毛剤が世間には出回っているというわけです。

特にここ数年、発毛を促すタイプのヘアケア剤は増えています。

昔は毛生え薬というようにかなり胡散臭い呼び名で呼ばれたいたものも多くありました。

実際怪しげなまがい物のような薬も多かったわけです。

そんな時代には一度失った髪の毛はもう二度と戻っては来ないということが当たり前のように思われていたこともあったわけです。

それでも薄毛で悩む男性にとっては、可能性があるのであれば藁にもすがりたいということで手を出していたわけです。

髪の毛が蘇れば、笑顔にもなれるでしょう。

だからこそ、可能性にかけていたということがあったわけです。

たとえ期待できるものではなかったとしても、期待せずにはいられないのです。

しかし、最近のヘアケア剤は本当に効果があるものもあるわけです。

一度失った髪の毛でも蘇ることもあるということです。

ただ、誰にでも確実に効果があるというわけでもなさそうです。

脱毛や薄毛といった問題を抱えている人は少なくないでしょう。

何年か先に薄毛になってしまうのではないかと心配するというような人もいるわけですから、かなり多くの人が髪の毛に対して問題視しているといってもいい訳です。

何事も健闘する

そこで、【育毛サイト 無限2323】というものが注目されることになるわけです。

ヘアケア剤とは言っても色々なタイプのものがあるわけです。

中には副作用があるようなものもあるでしょう。

成人病などとの因果関係が認められるようなものもあるかもしれません。

そんなリスクを負っても、使用すべきかということは考えるべき事と言えるでしょう。

もちろん問題がないというようなものもあることでしょう。

症状や状況というもので違うでしょうが、あらゆる可能性について健闘するということは大事なことです。

ただ評判が良いからとか人気があるからというようなことだけで使用を決めててしまうということはやめた方が良いかもしれないということです。

自分にあっているもので、他の身体の部位への影響がないようなものを、できるだけ選んで使うべきだといえるでしょう。

もちろんリスクを覚悟するという状況になることもあるでしょうが、その場合はちゃんと理解したうえで、使用するべきだと言うことです。