日本海に面した北陸は素晴らしい

北陸地方は本州のちょうど真ん中にある中部地方の中で日本海に面しているのが特徴です。

新潟県、富山県、福井県、石川県の4県のことをいいます。

場合によっては新潟県を入れないこともありますが、ここでは新潟県も含めた4県のことを紹介していきます。

新潟県から福井県までの距離は400キロです。

細長い形をしているのですが歴史的には昔は越国と言われていた部分もたくさんあり、若狭の国から越後のことを指しています。

実は北陸と呼ばれるようになったのは最近のことで、明治時代まではほくろくと読まれていたとのことです。

どの県も雪国として有名な場所でシベリア寒気団が山脈にぶつかるので雪がとても多く日本海側気候です。

豪雪地帯として知られている場所だけにスキー場が多いのも特徴です。

戦後の北陸地方は国内でも有数の人口が多い地方ではありましたが高度掲載成長の国土軸には入ることがなかったために過疎化したことがきかっけでいまに至っています。

太平洋ベルト地帯と格差があることが指摘され、その後北陸自動車道ができて、そして北陸工業地帯も作られました。

それ以後はこれまで農業地域でしたが、農業と工業地帯の両方を併せ持つ地域となって存在していて、日本海側では最大とも言われる規模の工業地帯となりました。

北陸地方の中で一番人口が多いのは新潟県で、ついで石川県、そして富山県、福井県となっています。

政令指定都市として新潟市が指定されています。

産業として有名名のは、雪解け水を使ってかんがい用水が整備されて海岸のラグーンを干拓している広い土地があります。

ここは日本でも有数の穀倉地帯なのでコメの産地としても知られています。

コシヒカリといった稲作が盛んに行われていますが、それに伴って日本酒も多く作られています。

石油が輸入される前は水力発電が盛んだった背景もあります。

今でも北陸電力は全国で一番安い電力会社として名を馳せていますし、豊富な水源そのものも様々なところで使われています。

特産物としては金沢の金箔やメガネ、そして漆の漆器、織物、和紙といった伝統工芸品も豊富です。

最近はショッピングセンター等も多く作られており、ロードサイドショップ等、商業地の郊外の分散が目立っていて大規模な郊外型のショッピングセンターがたくさんできています。

その規模は関東と同じくらいの規模だということです。

温泉も多くあるのが特徴です。

和倉温泉、芦原温泉等様々な温泉があります。