繊維産業と豪雪地帯で知られる福井県

Pocket

福井県は日本海側気候の豪雪地帯にあります。

特別豪雪地帯として知られている大野市や勝山市、池田市、南越前町等は全国的に見てもとても有名な積雪量が多い場所でもあります。

年間降水量については多くて3000mm以上も降りますが最近は暖冬ですから降水量は以前に比べると減っています。

雪より雨が多いのが特徴です。

福井市は内陸にあるので沿岸部に面している新潟市、金沢市と比べると雪は振りやすいでしょう。

主な産業としては繊維産業が盛んで、羽二重がありますし楽器では日本で唯一の生産がハーブ、そしてマリンバの生産も行っています。

また鯖江市中心にしてメガネのフレームの生産量は9割以上です。

原子力発電所が県内にあり、原子炉が15基あるのも特徴です。

原子炉があるために原子力関連施設警戒隊という特殊部隊が福井県警察には設けられています。

方言は同じ福井県内でも場所によって違いがあって嶺北地方は北陸方言を話し、嶺南地方は近畿方言に近い言葉を話します。

自然景勝地としては、天然記念物に東尋坊が指定されていますし、温泉として芦原温泉、三國温泉があります。

また、雪がよく降る場所であるということもありスキー場も多くスキージャム勝山が有名です。

Pocket